MITTAN -MEN-





MITTANは世界に遺る衣服や生地にまつわる歴史を元に、現代の民族服を提案しています。 平面的な構造を再解釈し、天然素材が持つ本来の機能性と組み合わせることで、一過性の時代の流れにとらわれることの無い、永く続く服を目指しています。

"生産背景"
生地は遠州、播州、尾州といった日本各地の機械織りの産地をはじめ、インド、ラオスといったアジア圏の手織りのものを主に使用。デザイナーが可能な限り直接機場に赴き、独自の素材開発にも取り組んでいます。 また縫製糸には主に綿糸を、織りネーム、品質表示、ボタン等の付属品には主に天然素材を用い、国内の信頼の置ける提携工場で縫製をしています。 染色には通常の染料の他、草木や藍、虫、鉱物、炭を使用し、その不均一な色の移り変わりも美しさとして捉えています。

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

<< NEXT